REGZA 32V30

今週の月曜日、液晶テレビの32V30を購入。

リビングの隣の和室用に。
今の環境は、リビングにREGZAの42Z7を使用中。
この機種にはタイムシフトマシンが搭載されていて、5chを一定の時間帯常に録画中。
これを今回購入したテレビでもネットワークを通じて見たい。

というのが機種選定の条件。
これを満たすには、配線の関係で有線LANは面倒なので、

無線LANを搭載している機種であること。
DLNAに対応していること。

この2つが条件。
サイズは32インチか40インチで予算4万以内。
SONY,SHARP、TOSHIBAが候補に入ったが、SONYはやっぱり高価。
そして今まで慣れているTOSHIBAにすることに。

ということで、購入したテレビを設置。

設置後に色々いじってみた感想は・・

・画質
やっぱりフルHDではないので、Z7と比較すると荒い。
テレビ欄は東芝なので操作感、視認性は良いものの、やっぱりハーフHDなので文字が滲む。
このあたりはちょっと後悔。

・DLNA
DLNAはZ7で経験していたので、だいたい想定通り。
タイムシフトマシンで録画したものや予約録画用HDDに録画したもの、nasneで録画したものが見られることを確認。
タイムシフトマシンについては、テレビ欄から選ぶタイプではないので、見たい番組を探すのには慣れが必要な感じ。
まぁ想定の範囲内。

メインで使うのはやっぱり物足りないかもしれない。
サブで使うなら良いかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です