太陽光発電価格交渉編

前回、10年で投資回収するにはいくらまで値引きしてもらえばよいか計算。

4.76kwhのソーラーシステムでは、135万で購入し、2.15%のソーラーローンで購入し、総支払額が150万程度になれば10年で回収できる。という結論を出した。
業者が見積もったメリットと、ここ最近の実電気量をもとに計算した結果を比較しても大差はなかったので、業者側のメリットに関する見積もりはある程度信頼性のあるものだった。

その翌週、この計算をしたらこうなりました。
と、135万までまけてくれ、と交渉。
さすがに135までは無理です。とのこと・・。

いくらまで行けるのかを聞いたところ、

178万→150万

うーむ・・・。
そうきたか。

シミュレーションの金額はPanasonicの公式な数字で、これよりも実際の発電量は多いとのこと。ネットで調べてみてもその傾向。
その分を加味するとギリか?
といろいろ考え・・。

工事の方ももともとリフォームとかもやっている、不動産もやっている、ヤマダ電機の工事認定も取っている。
防衛省関連の防音工事もしている。
屋根職人を一人連れてきて工事する。

という条件もある。
よく知らない太陽光関係の業者に頼むよりはまだ信頼性があるか?
ということで、信頼性分として、150万で受け入れることに。

フルローンではなく一部頭金を入れれば金利が下がって実質の支払いは減るので、頭金の金額で悩むことに。

1週間悩んだ結果、頭金は半額の75万。
これで金利分の7.5万円が安くなる。

ということで、今週末までに振込。
工事は最速で23日(金)。
発電は設置した直後からされるけど、東電への売電は手続きの関係上1か月前後かかるらしい。。
その間に発電されて出ていった電気は東電へのプレゼントになるんじゃないかな。。
まぁ仕方ないか・・。

ということで、ここまで来たら早く工事してくれ!
色々楽しみではあるぞ!

こぼれ話

今回の見積もりを持ってきたときに、オール電化も持ってきた。
ネットで調べると、この業者はオール電化も持ってきたと書いてあったので、そのまま。

三菱エコキュート、IHコンロ合わせて80万

これも価格コムでそれぞれの型番から調べ、工事費は言い値で計算してみると・・。

50万弱

そして更に調べると、

ガス代が6,000円以上の家庭じゃないと効果が出ない。
むしろマイナス

ということが判明。
今のうちのガス代、

2月の一番使う時期で3,600円。

こ、これは。。
意味ない!!

ということを考えつつも、これも話したら、60万まで負けるから考えてくれないか。とのこと。

えぇ、一応考えました。
メリットを書いておくと、深夜電力は今17円/kwhらしいけど、この金額はジワジワ上がっている。
今このプランに入っていると値上がりしてもこの17円の既得権益は消えない。
だから今のうちに導入しておいたほうが良いですよ。
とのこと。

しかし・・
太陽光だけでも150万の出費(先行投資的な意味合いもあるけど)。
これ以上出費はこれからのことを考えるとキツイ。
しかもこっちの出費は太陽光と違ってお金を産まない。

ということで、こっちはあんまり悩まずに判断して断りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です