太陽光発電実績 2019年5月



 

この時期は予測発電量を100kwhもオーバー。絶好調更新。
本格的に暑くなる前の子の季節が一番発電効率がいい

総発電量643.2kWh予測発電量は 544kWh
使用量(料)340.9kWh8765円
うち太陽光からの使用量(料)147.8kWh3695円
(売電量(料))405kWh11340円(実績)

※買電は1kWh当たり25円で計算

お得額は、3695+11340=15035円
投資回収まで・・

1,275,390円



太陽光発電実績 2019年4月



この時期は予測発電量を1割程度超えていて絶好調。
本格的に暑くなる前の子の季節が一番発電効率がいい

総発電量561.1kWh予測発電量は 506kWh
使用量(料)387.1kWh9873円
うち太陽光からの使用量(料)157.3kWh3932円
(売電量(料))430kWh12040円(実績)

※買電は1kWh当たり25円で計算

お得額は、3932+12040=15972円
投資回収まで・・

1,290,425円



google nest hub

発売日に購入してみた。

パッケージ
開封直後
電源投入後

早速セットアップしていじってみた。
もともとGoogle Homeを持っているので、コマンド関係はそのまま。そこにディスプレイが付いた感じ。
スマホのgoogle Homeアプリで設定。

動作中の画面は他のサイトにたくさん乗ると思うので(めんどくさいだけ)、使った感想を。

Google Play Musicで音楽を聞くと曲名や歌手名などが出るのはいいかも。
そして、OK google。って話しかけたあと、喋ったことが即画面に出るのでちゃんと認識しているかわかる。
これ結構重要。
Homeが出たての頃、「B’zの曲をかけて」と言っても何故か認識されてなかったのを思い出して、今言ってみたらちゃんと認識されるようになっていた。なんて認識されていたのか気になっていたんだけど。。(本当はそれもスマホのアプリで確認可能)

あと、当たり前だけどYoutubeがそのまま見られる。
うちは台所に設置して、料理のときとかにでも使えばいいかな、と。
タイマーはちゃんと画面に残り時間が出る。複数のタイマーを指定すると最大で一度に確認できるタイマーの数は2つまで。3つ以上は横スクロールで表示可能。いちいちタイマーあと何分?って聞かなくてもいいのはちょっと便利。

その他、Google Photoについては喋った本人のライブラリから100枚まで表示できるっぽい。
タッチパネルで選択可能。

音楽再生の音質はGoogle Home(スピーカー)のほうが良かった気が・・。
Google Home Mini > Google Home > Google Nest Hubの順番で音質は良い。(個人的な感想)

料理のレシピについては選ぶ前までは写真があるものの、手順の表示画面になると写真なし。
これはどこのサービスでもそうなっているのでgoogleの方でレシピの表示用のフレームワークがあると思われる。
そのフレームワーク、手順のところにも絵を入れられるようにならないものか。。なんか手順のみ文字で表示されていると寂しい感じ。
手順をいちいち読み上げてくれるけど、見たほうが早い。

ひとまず初日のファーストインプレッションでした。