「家電製品・PC関連」カテゴリーアーカイブ

購入した家電製品、PC関連のガジェットに関して

Network solutionsとのやり取り

今回、ドメイン更新が1週間後に迫っていて、更新手続きをしようと思ってログインしようとしたら、User IDとパスワードがわからなくなりジタバタ。
その時の状況をメモ。

上記の通り、IDとパスワードが分からない。
それなのに1週間後に迫りくるドメインの期限。
とりあえず、ログイン画面で出てきた何かあったらチャットでどうぞ。という誘いにおっかなびっくり英語でチャレンジ。

英語のレベルは技術英語を仕事上のやり取りでちょっと前までやっていた程度。しかも複雑な文章は書けない。複雑なのはgoogle翻訳だより。という感じ。

チャットで必死に英語で会話した結果、チャットのダイアログ上でクレジットカード番号などを伝えて、ひとまず1年間のドメイン更新手続きは完了。

ログインできない件では、UserIDのリセット用のアドレスにAccount Numberやら必要事項を記載、身分証明書をメールに添付して送信して、とのこと。

身分証明書って日本の運転免許証でもOK?と聞いたら、OKとのことだったので、免許証を写真に撮ったものを添付して送った。
そしたら、これではNGとのこと。。

公証人による英訳が必要。
さらに、住所と名前が記載された公共料金の請求書が必要で、これも英訳が必要とのこと。
公証人って・・?

という状況になったので、もう一度いろいろなパターンでログインを試みていたらログインできた!

ということで、今回はそれ以上のやり取りはしなかったけど、激しくめんどくさい!

ログイン後のページで住所やメアドの変更ができたのでしておいた。
そもそもの発端がメアドがプロバイダー変更により使えなくなっていてアカウントのリセットができなくなっていたことなので、今回はgmailにしておいた。
これならプロバイダーが変更になってもずっと使えるはず。

ということで、Network Solutionsでアカウント情報を忘れるととんでもないことになります。
公証人という人に日本の身分証明書を英訳してもらう必要が出てくるという・・。
これを機にドメイン管理を日本の会社に移管しようかと。
kita7.netを取得した18年前は日本の会社では申し込めなかったけど、今は色んな会社があるようで・・。
やりとりも日本語でできる安心感!

1年は更新してしまったので、次の更新の時までに移管を検討します。

炊飯器 タイガー JPC-A102購入

これもPAYPAYネタ。

今使っている炊飯器が独身の時からのもので、8年くらい経過していたので、そろそろ買い替えようかな〜、安くなるタイミングはいつなのかな〜、と考えていたときPAYPAYきた。

2割返ってくるなら超お得じゃん!
ということで、ヤマダ電機へ。

交渉した結果、JPC-A102を 39800円で購入。
そこに山田ポイント10%、PAYPAYのバックが20%。
実質3万ちょっとで購入。
実質っていう言葉はできれば使いたくなかったけどまぁいいか。
支払いは4万ちょっとです。。税込み。

開封の儀。

早炊きがついていないのかと思っていたけど、実際のメニューには存在していたので、朝炊き忘れたときには使えそう。
エコ炊きという謎の機能もあるけど、まずくなりそうな感じなので使わないだろうな〜。
極うまモードばかり使うことになりそう。

しゃもじは立つしゃもじとのこと。。
今まで本体に差し込むタイプだったのでこれはこれでちょっと微妙。かえって邪魔になりそうな感じが。。
そして炊飯器を引っ張り出すタイプの台においているので、そのときに倒れないといいんだけど。
さすがにメーカーもこういうのは想定済みだといいな・・。

ということで、まだ使ってないので炊いたときの感想はありませんw

HUIS売却

電子ペーパーのリモコンですが、、ここ最近使わなくなったのでヤフオクで売却。

使わなくなった理由は、

結局普通のリモコンのほうが使いやすいから。

やっぱり物理ボタンの方が感覚でボタンが押せるので使いやすい。

電子ペーパーというか、タッチパネルだと見ないと押せないのが不便ということに気がついた。

結果的に購入金額とヤフオクでの売却金額との差額が5000円程度。

お勉強代ということで。。

MacBook AirでWindowsっぽいショートカットキーにする

今回、MacBook Airを買い替えて、バックアップからの復元に失敗したので、いろいろ最初から変更し直し中。

WindowsはCtrlキー+Vなどで貼り付けになる。
MacはCommandキー+Vなど。
なんだかんだでWindowsを使うことも多い。
LinuxでもCtrlキー+Vなどを使用する。

それを、位置的にCaps lockの位置がWindowsで言うCtrlキーの位置なのでここをCommandキーに変更する。

■やり方

  1. アップルマークからシステム環境設定を開く。
  2. キーボードを選択
  3. 修飾キーというボタンを押す
  4. 表示されたウィンドウで機能を入れ替える。

これで、Commandキーを押すとCaps Lockになってランプの位置と変わってしまうけど、機能の入れ替えは完了!

MacBook Air(2018) + Apple Watch Series4

ついに購入!

〜経緯〜
今まで、2011年のMacBook Airを使用。
OSのアップデート対象からも外れ、動作も遅くなってきてそろそろ買い替えかな、、と思っていたけど、Retina対応のAirがなかなかでなくて様子見していたところに、Retina対応のAirが!!

ということで、検討開始。
CPUは2017年発売のMacBook ProのTouch Barなしのものよりもベンチマーク的には劣る。価格差は8000円程度。
ストレージの速度もProのほうが早いとのこと。
どうせならプラス5万程度積んでTouch BarありのProにしてしまおうか。。と悩み始めた。

ヨドバシに行って、店員に在庫状況を聞くと、どの色もあるとのこと。
試しにAirとApple Watchの値段を合算してもらうと、約20万。
ProのTouch Barありでも20万。

ここでPCの最近の使用頻度を考えた。
ココ最近、子育てだの仕事だのでなかなかPCを触れていない。
その状況でPCに20万かけるなら、程々のものにしておいて、普段会社に行くときなど毎日使っているWatchの方を買い換えるのもありじゃないか?と。

Watchは初代のApple WatchのSportを使用中。
同じくSportのスペースグレイなら在庫があるとのことだったので、それをセットで購入。

帰宅して開封。
まずはWatchから。

初代の頃と変わってないような気がするけど、時計本体には布っぽいカバーが。
これ前もついてたっけなぁ・・?

そして、新旧比較。左が初代。
右はSeries4。バンドを逆につけてしまっている!!とここで気がついた・・。
Watchの方はiPhone Xsにペアリングまでやってひとまず終了。
使用感は明日使ってみて。。

次はMacBook Air

開けると箱にピッタリサイズで本体が。

箱から出した図。

本体の下からはUSB Type Cの電源ケーブルとアダプタ(見えないけど)

ディスプレイには薄い紙が。
NASのタイムマシン機能からバックアップを復元しようとしたものの、失敗。
とりあえず普通にセットアップして、メールアカウントやローカルのサーバーを使うためにhostsファイルも編集。
kita7.netサーバにアクセスできるようにして、このブログを。

Xcodeも再度入れて、Chromeもインストール。
この時点で残りのストレージは68GB程度。
旧Airは20GB程度の空きだったけど、ダウンロードフォルダにダウンロードしっぱなしなファイルがたくさんあったので、128GBという容量でも足りるかな。

iPhoneの母艦としてはWindows PCがあるのでAirではそれほど容量を使わない予定。
データはNASに入れるということで。
NASへの接続も昔よりも簡単になっていたのでうまく活用できそう。

それと、気になっていたUSB Type-C。
電源もTypeC。
端子は2つ。
どちらの端子に電源をつないでも充電できるのだろうか?
と疑問に思っていた。
おっかなびっくり手前のポートに電源をさしてみた。

頼む、壊れないでくれ!!

と願いながら。
結果、

フツーに充電された。

ですよねー!
と思いながらもちょっとホッとした。

とりあえず初日はこんなところ。

 

iPhone Xsで画面全体をスライドする方法

昨日iPhone Xsを購入したわけですが、iPhone 6sを使っていたときに、上の方をタッチしたいときにはホームボタンをダブルタッチして画面全体を下に引っ張って、上にあるボタンを押すということを電車に乗っているときによくやっていた。

これと同じことをXsでやろうと思ってもできず困っていた。
どうやら設定が必要らしい。

設定 → 一般 →アクセシビリティー → 簡易アクセス

をONにした状態で画面の下の方で下にスワイプすると画面全体が下にスライドする模様。
微妙にやりづらいけど仕方ないか・・。

iPhone XS 届いた

6sから3年ぶりに携帯買い換え。

独身の時は毎年変えていたのに結婚して子供ができるとそうはいかず…。

ということで、インプレッションを。

色はゴールド。ゴールドゴールドしてない感じの控えめな色。

持った感じは6Sに比べてひとまわり大きいけど6 plusに比べるとそれほどは違和感はない。

動作はやっぱりサクサク。

ただ、ホームボタンがない分、ちょっと違和感。

そして上の方が届かない時、ホームボタンをダブルタッチして下にズレてた機能をどうやって発動するのかが分からず。。

地味に使っていただけにちょっと不便。どこかの書き込みによると下のバーを下向きに引っ張るって書いてあったような気がするけど、やってみてもうまくいかず。。

これからいろいろ調べてみますかね。久々にワクワク。

iPhone Xs予約した

現在iPhone 6sを使っているわけですが、そろそろ新しいのが欲しくなり。
10万超えという高価なものだけどXsを予約した。
過去に3年も同一機種を使っていたことがないので浦島太郎状態なので、ちょっとまとめ。
自分が気にするところ関連のみに抜粋

iPhone Xs iPhone 6s
ディスプレイ 5.8inch 2,436 x 1,125 4.7inch 1,334 x 750
サイズ(幅x厚さx高さ) 70.9×7.7×143.6 67.1×7.1×138.3
重さ 177g 143g
チップ A12 Bionic A9/M9
バッテリー持続時間(ネット利用) 12時間(高速充電対応) 10時間

 

サイズはだいぶ大きくなるなー。という印象。
一応会社ではiPhone Xは触っているのでイメージは湧くんだけど、日常利用したときにどんな感じなのか・・?
iPhone 6 Plusを一時期使っていて、大きくて使いづらくて手放した経緯があるので少し不安。
けどXRという機種はXsよりも大きくなるみたいなので、iPhoneシリーズのなかではこれが一番小さい機種になるはず。
どうなんだろうな~。

ということで、次はNFCやお財布携帯 on iPhoneの勉強をしなければ。
どんなアプリがあるのか、どんな事ができるのか。
Androidでは体験済みではあるけど、それとはまた違いそうなので。。

HUIS購入後の感想

だいぶ前から気になっていた、電子ペーパーのリモコンHUISをついに購入。

今の家のリビングのリモコン状況は、

  1. テレビ
  2. AVアンプ
  3. エアコン
  4. 扇風機
  5. 空気清浄機

最大で5個のリモコンがテーブルの上にあることが。
そこでこれらを一つのリモコンにまとめてしまいたい!
ということで今回の購入に至る。

税込み22580円。
この値段で今まで躊躇していたけど、ビックカメラの割引券3000円分の期限が迫っているのに他にほしいものがなかったので。

早速1週間いろいろ試してみた。

まずは開封時の写真。
どうやら出荷から結構たっているのか、電池があまりない模様。
まずは充電からした。

そして、ひとまずこんな感じの画面を作ってみた。

今の画面

このリモコン、上下方向へのスクロールと、左右方向へのスクロールが可能。

基本的に左右方向で操作する機器を切り替える。
上下方向で同一機器のページ送り。
という思想。

今回はその思想とは違う思想で、複数の機材を一つの機器扱いのようにし、上下方向でテレビ、エアコン、アンプ、扇風機を扱えるように変更。
写真はテレビのものしか撮らなかったので他のページは割愛。
現状、この写真からさらに不要なボタンを削除している。

テレビチャンネルは9ch以降は使わないので削除。
スキップボタンは→(30秒早送り)を3回押すマクロにしてみた。

作ってみて、微妙に配置できるボタンが少ない!
という感想。
そして、センスが問われる・・。
画像なんかも自分で作れたらかなりの愛着ができそう。

購入時に読んだレビューでページ送りは画面の隅っこからやらないとページ送りにならないという話がったけど、それはバージョンアップで改善されていた。
画面の中央付近で上下左右フリックするときちんとページが遷移する。
・・まぁそんなのは当たり前なので別に褒められたバージョンアップではないけど、改善しようという気持ちがあるのはありがたい。

現状、エアコンが自動モードにできず、冷房、暖房などしから選べない。
エアコンの設定画面にはAUTOという表記があるので、なにかやる方法があるのではないかと思ってサポートにメールで問い合わせ中。

デメリットがあるとすると、テレビなんかの上下左右ボタンは手元を見ないで押しているけど、この場合は物理的なボタンが存在しないので手元を見るか感覚的に押すことになる。
押し間違いが発生するので、配置などをできるだけ工夫する必要がありそう。

しばらくは配置を工夫したりする必要がある。
それはそれで楽しいけど、家族が混乱することになりそう・・。

電子レンジ Panasonic ビストロ NE-BS1400 レビュー

前々から気になっていた、パナソニックの電子レンジ、ビストロ。
2018年モデルも発表されたので、そろそろ底値か?ということで、ヨドバシに行って価格交渉。ポイントも2万円分あったので、現金値引きにしてもらって、税込み約84000円で購入。

引越しシーズンで配送が込み合っているらしく、木曜購入でも週末配送は間に合わないとのことで、取り寄せ完了後に取りに来ます、ということにして今日取りに行ってきた。

とりあえず家まで車で持ってきた後、自宅の玄関前に階段があるのでそこでかなり苦戦。それなりに大きい26kgの箱は普段運動しない自分にとっては結構きつかった・・。

リビングに運び込み、開梱。

入っていたものは、本体以外にはこれら一式。
ミトンが2つはいっているのはいい気遣い。

角皿2枚にグリル皿。角皿は2枚同じもの。
さらにレシピ本が2冊入ってた。

アース、電源を接続したところ。

中はこんな感じ。当然フラット。
元々使っていたのもフラットだったので特に問題なし。庫内は23Lから30Lに拡大したので広い!

スチーム用の給水トレイは右の透明のもの。
左のものは排水トレイ。どういうタイミングでここに水が貯まるのかはよくわからないけど、少なくともクエン酸清掃のときにはたまるらしい。
通常の料理のときはどういう経路で水が貯まるのかは謎。

ということで、早速このレンジの特徴であるワンボウル調理を。
カレーを作ってみた。
野菜をいつも通りに切り、水を入れて固形ルーを入れて、かき混ぜる。
写真はかき混ぜる前のもの。

これをレンジに入れて、取説通りの手順でタッチパネルを操作する。
履歴やお気に入りがあるので、メニューがたくさんある中で美味しくて何回も繰り返して使うのには考慮されている。

操作後、スタートを押すとしばらくは残り時間が表示されないが、軌道に乗ってきたところで(?)残り時間が表示される。
うちの場合は14分くらいのところからカウントダウンされた。

14分待った後、できたボウルを取り出し、かき混ぜる。
写真はお腹が空きすぎて写真を取るのを忘れてしまったので、カレーを盛り付けた後の図。

味の方は普通のカレーと変わらず。

まだカレーが残っているので耐熱ボウルは洗っていないけど、普通の鍋で作るとどうしても底が焦げてしまって洗うのが面倒。
この場合はおそらくそんなに焦げていなさそうなので洗い物は楽そう。

 

ということで、まだカレーしか作っていないのでわからないけど、色々使うのが楽しくなりそう。
今まで使っていたのも単機能ではなくてメニューは搭載していたけど、パスタくらいしか使っていなかった。
今回はタッチパネルも搭載しているのでより積極的に使うことになりそう。
NFC対応のAndroidがあれば、Androidアプリで閲覧していたメニューをNFCでレンジ側に転送できる機能があるらしい。

携帯はiPhoneなので使えないけど、タブレットがAndroidなので機会があったら使ってみようかと。

まぁ主に使うのは妻のほうなんですがね。。
家電・ガジェット好きには興味深いものです。