HUIS購入後の感想

だいぶ前から気になっていた、電子ペーパーのリモコンHUISをついに購入。

今の家のリビングのリモコン状況は、

  1. テレビ
  2. AVアンプ
  3. エアコン
  4. 扇風機
  5. 空気清浄機

最大で5個のリモコンがテーブルの上にあることが。
そこでこれらを一つのリモコンにまとめてしまいたい!
ということで今回の購入に至る。

税込み22580円。
この値段で今まで躊躇していたけど、ビックカメラの割引券3000円分の期限が迫っているのに他にほしいものがなかったので。

早速1週間いろいろ試してみた。

まずは開封時の写真。
どうやら出荷から結構たっているのか、電池があまりない模様。
まずは充電からした。

そして、ひとまずこんな感じの画面を作ってみた。

今の画面

このリモコン、上下方向へのスクロールと、左右方向へのスクロールが可能。

基本的に左右方向で操作する機器を切り替える。
上下方向で同一機器のページ送り。
という思想。

今回はその思想とは違う思想で、複数の機材を一つの機器扱いのようにし、上下方向でテレビ、エアコン、アンプ、扇風機を扱えるように変更。
写真はテレビのものしか撮らなかったので他のページは割愛。
現状、この写真からさらに不要なボタンを削除している。

テレビチャンネルは9ch以降は使わないので削除。
スキップボタンは→(30秒早送り)を3回押すマクロにしてみた。

作ってみて、微妙に配置できるボタンが少ない!
という感想。
そして、センスが問われる・・。
画像なんかも自分で作れたらかなりの愛着ができそう。

購入時に読んだレビューでページ送りは画面の隅っこからやらないとページ送りにならないという話がったけど、それはバージョンアップで改善されていた。
画面の中央付近で上下左右フリックするときちんとページが遷移する。
・・まぁそんなのは当たり前なので別に褒められたバージョンアップではないけど、改善しようという気持ちがあるのはありがたい。

現状、エアコンが自動モードにできず、冷房、暖房などしから選べない。
エアコンの設定画面にはAUTOという表記があるので、なにかやる方法があるのではないかと思ってサポートにメールで問い合わせ中。

デメリットがあるとすると、テレビなんかの上下左右ボタンは手元を見ないで押しているけど、この場合は物理的なボタンが存在しないので手元を見るか感覚的に押すことになる。
押し間違いが発生するので、配置などをできるだけ工夫する必要がありそう。

しばらくは配置を工夫したりする必要がある。
それはそれで楽しいけど、家族が混乱することになりそう・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です