MacBook AirでWindowsっぽいショートカットキーにする

今回、MacBook Airを買い替えて、バックアップからの復元に失敗したので、いろいろ最初から変更し直し中。

WindowsはCtrlキー+Vなどで貼り付けになる。
MacはCommandキー+Vなど。
なんだかんだでWindowsを使うことも多い。
LinuxでもCtrlキー+Vなどを使用する。

それを、位置的にCaps lockの位置がWindowsで言うCtrlキーの位置なのでここをCommandキーに変更する。

■やり方

  1. アップルマークからシステム環境設定を開く。
  2. キーボードを選択
  3. 修飾キーというボタンを押す
  4. 表示されたウィンドウで機能を入れ替える。

これで、Commandキーを押すとCaps Lockになってランプの位置と変わってしまうけど、機能の入れ替えは完了!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です