MacBook Air(2018) + Apple Watch Series4

ついに購入!

〜経緯〜
今まで、2011年のMacBook Airを使用。
OSのアップデート対象からも外れ、動作も遅くなってきてそろそろ買い替えかな、、と思っていたけど、Retina対応のAirがなかなかでなくて様子見していたところに、Retina対応のAirが!!

ということで、検討開始。
CPUは2017年発売のMacBook ProのTouch Barなしのものよりもベンチマーク的には劣る。価格差は8000円程度。
ストレージの速度もProのほうが早いとのこと。
どうせならプラス5万程度積んでTouch BarありのProにしてしまおうか。。と悩み始めた。

ヨドバシに行って、店員に在庫状況を聞くと、どの色もあるとのこと。
試しにAirとApple Watchの値段を合算してもらうと、約20万。
ProのTouch Barありでも20万。

ここでPCの最近の使用頻度を考えた。
ココ最近、子育てだの仕事だのでなかなかPCを触れていない。
その状況でPCに20万かけるなら、程々のものにしておいて、普段会社に行くときなど毎日使っているWatchの方を買い換えるのもありじゃないか?と。

Watchは初代のApple WatchのSportを使用中。
同じくSportのスペースグレイなら在庫があるとのことだったので、それをセットで購入。

帰宅して開封。
まずはWatchから。

初代の頃と変わってないような気がするけど、時計本体には布っぽいカバーが。
これ前もついてたっけなぁ・・?

そして、新旧比較。左が初代。
右はSeries4。バンドを逆につけてしまっている!!とここで気がついた・・。
Watchの方はiPhone Xsにペアリングまでやってひとまず終了。
使用感は明日使ってみて。。

次はMacBook Air

開けると箱にピッタリサイズで本体が。

箱から出した図。

本体の下からはUSB Type Cの電源ケーブルとアダプタ(見えないけど)

ディスプレイには薄い紙が。
NASのタイムマシン機能からバックアップを復元しようとしたものの、失敗。
とりあえず普通にセットアップして、メールアカウントやローカルのサーバーを使うためにhostsファイルも編集。
kita7.netサーバにアクセスできるようにして、このブログを。

Xcodeも再度入れて、Chromeもインストール。
この時点で残りのストレージは68GB程度。
旧Airは20GB程度の空きだったけど、ダウンロードフォルダにダウンロードしっぱなしなファイルがたくさんあったので、128GBという容量でも足りるかな。

iPhoneの母艦としてはWindows PCがあるのでAirではそれほど容量を使わない予定。
データはNASに入れるということで。
NASへの接続も昔よりも簡単になっていたのでうまく活用できそう。

それと、気になっていたUSB Type-C。
電源もTypeC。
端子は2つ。
どちらの端子に電源をつないでも充電できるのだろうか?
と疑問に思っていた。
おっかなびっくり手前のポートに電源をさしてみた。

頼む、壊れないでくれ!!

と願いながら。
結果、

フツーに充電された。

ですよねー!
と思いながらもちょっとホッとした。

とりあえず初日はこんなところ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です