BXNUC10I7FNHにUbuntu導入

BXNUC10I7FNHにUbuntuを導入。
ひとまずの目標は、今までNASで実現していたWordpressサーバー、メールサーバーを載せること。
NASがランサムウェアにやられたことを機に、やっぱりNASはローカルに閉じてくべきということから、掲題のものをヤフオクで購入した。
スペックは下記の通り

CPU i7-10710U
メモリ 32GB
M2.SSD 256GB
HDD 2TB(2.5inch)

サーバー用途のPCとしてはまぁまぁ。
この弱小ブログであれば十分なスペックかと。

ということで、UbuntuのインストールDVDを作成して、そこからブートしてインストールを試みるも、セットアップ画面が表示される前にフリーズする。。
仕方がないので、USBメモリでRufsを使ってインストールUSBを作成。そこからインストールしたら正常にインスロールできた。
BDドライブがそろそろ限界なのか・・?ちょっと調子が悪い。流石に7年くらい前のものだからだろうか。。

Ubuntuのセットアップ後は、ソフトの更新をかけ、早速Wordpressを動かすべく、Nginxなどインストール。

ググって先人の知恵を借りながら。。

nginx+Let's encrypt。案外すんなり。

nginx+Wordpress。どこかのページを参考にしてnginxのconfを作ったら、PHPのソケットへのパスが違っていてはまる。バージョンが若干自環境の方が新しかったため。

Postfix+Dovecot+Rainloop。Dovecotはすんなり。PostfixとDovecotが認証で手間取った。これもDovecotのソケットファイルのパスが間違っていたため。この辺りはネットでの情報はその時のバージョンでの設定ファイルが紹介されているので、コピペだとうまくいかない。
ちゃんと理解した上で設定しないといけないということを実感(当たり前のことだけど)。

最後にWordpressのコンテンツを新サーバーに移行。
これがまたなかなか難儀。
All-in-One WP Migrationで前回は移行したので同じものを使ってみるも、エクスポートはうまくいくけどインポートがダメ。
100%まで行っても完了せず。
仕方がないので、中途半端になってしまったのでWordpressのDBをリセットするためにphpmyadminを導入。
ここで後からphpmyadminを入れたため、ユーザーの関係でwordpress用のテーブルが表示されず、ネットを参考にしながらユーザーに権限を与えたところ、wordpress用のテーブルが表示されたため、DBを削除。

次に、Duplicatorというプラグインを使用して再度移行を試みたところ、成功!
ということで過去の記事を復帰できたけど、一部写真が復帰できておらず。。まぁもう過去の投稿だし、いいか。。と割り切り。
ひとまずはサーバー移行完了。

今まで仮に使っていたミニPCよりもだいぶ早い。
Celeron N2xxx系からCore i7 10世代に飛躍したわけなのでそりゃそうだ、状態ではあるけど。

せっかくの環境なので他にも色々とやりたいところ。
次はひとまずVPN環境でも作っておこうかな。
NASの方は外からのアクセスを遮断して、あくまでLAN内に限定する方向で設定を見直し予定。

BXNUC10I7FNHにUbuntu導入” に対して3件のコメントがあります。

  1. ラハイ より:

    Ubuntuのバージョンは20でしょうか?

    1. hiro より:

      はい、20.04を導入しました。

      1. ラハイ より:

        ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。