有線バックホール設置

1階にあるルーターと、2階に設置した無線アクセスポイントを今まで無線を使って中継していた。
この場合、無線が時々切れてしまい、2階での回線が途切れることがあったので、有線で接続することにした。
AmazonでケーブルやぐっとすというLANコネクタ、光ケーブルを通す穴の蓋を購入。

1階のコンセントと2階のコンセントの中を開けてみると、CD菅があることがわかっていたので、将来的な事も考えて10GbE対応のCat6Aケーブルを購入。ダメもとでケーブルの頭を切って挿入してみたところ、一階のコンセントの所まで通すことができた!
ダメだったらビニール紐を掃除機で吸ってLANケーブルを引っ張ろうと考えていたけれど、案外すんなり通った。

そこからが問題で、コンセントを開けてぐっとすを設置。
最初、一本一本の被覆を剥かなければいけないと思ってニッパーで格闘していたところ、最後の一本で芯線を切ってしまうという大失敗。
うわー・・。と思って念のため被覆を向く必要があるのか?と調べたところ、剥かないで単純に刺すだけだった。。
案外簡単に接続できて、HUBのリンクランプで疎通を確認。
そしてコンセントを元に戻して完成。

作業途中の様子
一階のコンセントの様子

上からLAN、アンテナ線、光ケーブル。
左のKDDIの光端子はもう使っていない端子。

2階はアンテナ端子の下にLANケーブルを通しただけ。
この時失敗したのは、LANケーブルを通す時にこの穴を通すのを忘れて、無理やり通したのでLANケーブルのコネクタの爪が怪しい感じにダメージを受けたけれど、リンクはしたのでひとまずOK。
これで2階での安定した通信ができるはず。
ひとまず自己満足。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。