NSD-G1000Tに変更したことで困ったこと

NSD-G1000Tに変更して、無線LA Nの設定で暗号化方式を「WPA3 SAE & WPA2 Pre Shared Key」にしていた。
これが原因と思われるトラブルが発生したのでここで共有しておく。

それほど多くの家庭で影響はしないかもしれないが、プライベートビエラで無線アクセスポイントを使っての接続モードで、子機(画面側)はアクセスポイントに接続されているっぽい(アンテナピクトが表示される)が、チューナー側が接続されていない様子。
パナのHPを調べると、暗号化方式はAES出ないとならない様子。

確証はないけれど、ルーター側の暗号化方式を今までのWPA2のみのものに変更したらチューナーとの接続に成功した。
たまたまかもしれないけれど、ひとまずここにメモ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。