加湿空気清浄機

12月生まれの赤ちゃん、今は実家にいるけど今月にこっちに来るということで、ストーブに引き続き自宅の環境を構築中。

今の予定では昼間はLDKに。
夜は嫁、子どもは今使っている2階の寝室で寝る。
自分は2階の別の部屋で寝る予定。

ということで、今の寝室にはエアコンはあるけど加湿するすべが無い。
超音波式の加湿器は使ってないものが一つあるので、それを使おうと考えていたけど、色々調べると雑菌が繁殖するとか・・。

気化式の方が良いとのことだったので、電気屋で加湿器を見ると、気化式は軒並み1万円オーバー。
意外に高い。。
それなら加湿空気清浄機のほうがいいんじゃね?シャープのとか19800円とかでよく出てるし。
と思っていろいろな電気屋巡りを。正月で時間があったこともあり、初売り見たかったこともあり。

そうすると、ノジマで福袋が未だ余ってた。
加湿空気清浄機 MCK55TN
遠赤外線ストーブ ERFT11US-W
のセットで4万円。

空気清浄機は一つ型落ちで、ノジマモデル。
標準のモデルとは特に違いがないということ、現行機種ともデザインの違いくらいで大きな違いはないとのこと。

これをLDKに設置

今まで使っていた加湿空気清浄機を寝室に設置。
とりあえずこれで様子見。
けど今の季節、エアコン使用すると湿度が足りてない気がする。
台所においてる温度・湿度計は48%を示している。
空気清浄機的には目標湿度最大にしてるけど。

今まで使ってた加湿空気清浄機と比較すると、

  • プレフィルターが格子状のプラスチックの枠と一体型なので掃除機でホコリを吸うときにじゃまになりそう。
    ちょっとメンテナンス的には微妙なところ。
  • 縦長になって設置場所は食わなくなった。
  • 加湿用の水タンクが小さくなった気がする。
  • 集塵フィルタにアクセスするのに給水タンクを外し、トレイを外しアクセスというちょっと面倒になった。
    →集塵フィルタはメンテナンスしなくても良い事になっているので問題ないのか?
  • 加湿用の水車が上から動いているところが見えるのは新鮮
    →思ったよりゆっくりと回っている

という感じ。
10年は働いてもらいますよ!

あ、一緒についてきたヒーターは使うかどうか検討の上、必要なかったらヤフオク行きかな。。
新品未開封だと2.4万くらいで売れているっぽいので。
そうすると空気清浄機が税込み2万円で買えたことになる!

石油ストーブ導入

子どもが生まれたので、暖房をどうしようかと検討。
うちの間取りは1階に15.5畳LDKと、隣接して和室6畳。
LDKには18畳クラスのエアコン設置済み。
和室はノーガード。

夏はふすまを開けておくことで和室もある程度は涼しくなっていたので問題なかった。
冬になって、同じくふすまを開けておいても和室はそれほど涼しくならない。
最近のエアコンはセンサーで人のいるところだけを暖かくするタイプなので、その機能を切ってみたけどあんまり変わらず。

赤ちゃんの適温は22~25度くらい。
それに対して全くダメ。
ということで、和室にもエアコンを導入するかどうするか色々悩んだ結果・・。

入浴するときには洗面所&風呂を暖房する必要が有ることから、移動できる暖房器具がいいという結論に。

そうなると電気ストーブか石油ストーブの2択。
ランニングコストが安いのは電気よりも灯油でしょう。
ということになり、灯油ストーブを購入。

これ

ダイニチのFW-3317KE。
電気屋に行ってコロナのシャッター付きのものと散々悩んだ結果。
実家では石油ストーブは使っていたので、匂いが結構出ることを懸念。
この機種は箱にも書いてある通り、消臭宣言ということで消臭に力を入れているとのことだったのでこれにした。
コロナのシャッター付きは結構高かったというのもあり。。

中身はこんな感じ。温度表示がでかい。
灯油缶は5Lと、最近にしては少なめ。
9畳までの対応だとそんなもんなのかな?

ということで、使ったインプレッション。

  • 点火が早い!40秒位で点火する
  • 消臭ランプはつくものの、点火・消火時の匂いは結局出る
  • 運転中の匂いについては、ストーブのある部屋にずっといれば感じないが、別の部屋から入ってくるとやっぱり臭う。
  • 運転中に灯油缶を持ち上げてどのくらいの量残っているかをチェックすることができない。自動消火してしまう・・。
    最近はみんなこうなのか?
  • 廊下&吹き抜け玄関~階段&洗面所&風呂まである程度暖房する能力はある。

こんな感じ。
とりあえず当初の目的は果たせそう。

太陽光発電実績2017年12月

総発電量、見る場所が違ったため、修正。
見積もりよりも若干低めだけどこんなもんかな。

総発電量 348.2kWh 予測発電量は362kWh
使用量(料) 316.7kWh 8184円
うち太陽光からの使用量(料) 91.5kWh 2288円
(売電量(料)) 242kWh 6776円(実績)

※買電は1kWh当たり25円で計算

お得額は、2288+6776=9,064円。

ということで、投資回収まで

1,742,228円

まだまだ先は長い